1. トップページ
  2. 簡単にできる酔わない対策はこれ!

簡単にできる酔わない対策はこれ!

【飲める適量】梅酒・甘いカクテル/グラス1杯

30代

空腹で飲まないことだと思います。以前空腹の状態で乾杯となり、酎ハイを飲んだところ、すぐに酔ってしまって吐き気と頭痛に襲われ大変な思いをしました。それ以降は何か食べてからお酒は飲むようにしています。

【飲める適量】柑橘系のロングカクテル1杯

40代

飲みに行く30分前に牛乳を飲んでおくと、胃に膜がはり悪酔いしません。またパンシロンなどの胃薬をアルコールを飲む前に飲んでおくと、翌朝胃が気持ち悪くて起きられないということを防ぐことができます。空腹時にアルコールは飲まないようにしようと心掛けています。

【飲める適量】甘いカクテル・グラス2杯

30代

前日よく寝て体調を整えておくと酔いにくいです。あとはなるべくお腹を満たしてから飲むと酔いにくいと感じます。以前、友人からお酒を飲む前に牛乳を飲むといいよと教えてもらいました。飲み会の直前はバタバタしてしまいなかなか実行できていないので次の飲み会で試してみたいです。

【飲める適量】ビールグラス1杯

50代後半

やっぱり乳製品を事前に摂っておくと、酔いにくい。あまり好きではないが牛乳やヨーグルト、チーズを食べると酔いにくいです。おにぎりやうどん、だいふく餅等、お腹持ちするものを食べておくとけっこう効果があることを感じました。

【飲める適量】ビール・1缶(350ml)

30代

お酒を飲む前に少しご飯を食べておきます。野菜やきのこ、豆腐やお肉等バランスよく食べておけば空腹時よりも酔いにくいと感じました。また、お茶等の水分を多目に摂取しておくとお酒を飲んだ時にアルコールがまわりにくいと思った事があります。

【飲める適量】ビール・中ジョッキ1杯

50代

テレビで放送しているのを見て、居酒屋に行く前に牛乳を飲んだことはあります。比較的酔いにくかったように思います。チーズやナッツ類も効果があると聞いたので実践してみようかと思っています。もちろんいいサプリがあればそれも実践してみたいです。

【飲める適量】ビールグラス半分

60代

胃を空にしない事が良いと聞いていますので基本的に食べることに集中します。油で胃に膜を作っておくと良いとも聞いていますので飲む日の昼食はとんかつなど脂分の多いものを食べます。これは実感は有りません。ルーティーンのようなものです。

【飲める適量】果実酒の水割りまたはソーダ割り・グラス1杯

29歳

おなかが空いている状態でお酒を飲まないようにすると、いつもよりは酔いにくくなるように感じます。有名な方法ですが事前に牛乳を飲んでおくことも効果があるように感じました。また、わたしの場合は許される雰囲気であれば最初の1杯はお茶もしくはソフトドリンクにします。そうすると1杯目にお酒を飲んだときよりも悪酔いしにくくなると思います。

【飲める適量】さっぱりとしたカクテル・グラス1杯

32歳

よく聞くのは、飲む前に牛乳を1杯飲んでおくと胃に膜がつくられるから酔いにくいとのことです。ただこれは、自宅を出発して直接飲みに行くときしかできないので、仕事帰りだと使いにくくまだ試してみたことがありません。

【飲める適量】甘いカクテル1杯

32歳

飲み会の前に、牛乳などの乳製品を摂っておくと、ダメージが少ないように感じます。軽く腹持ちの良い食べ物を食べておくだけでも、酔いの回りは全然違う気がします。CMで耳にするウコン以外の漢方も試してみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加