お酒が弱い人の酔わないテクニック

同じ酒量でも環境で酔いやすさが違う!

【飲める適量】梅酒・甘いカクテル/グラス1杯

30代

全く飲んでいないとやはり酔うのが早いと感じます。毎日1杯でも飲み続けていると全く飲めなかった私でも少しずつ慣れてきて飲めるようになった経験があります。しかし半年も飲まないとまた元に戻っているようですぐに酔いが回って頭がボーッとしたり、眠たくなります。

【飲める適量】柑橘系のロングカクテル1杯

40代

風邪をひいていて体調が思わしくない時や、飲み会が長時間にわたりそうな時、アルコールに弱いのに付き合いでどうしても飲まなければならない時、また飲み会が連日続く忘年会や新年会などの時は酔いやすく感じます。

【飲める適量】甘いカクテル・グラス2杯

30代

スポーツをした後や残業が続いて疲れている時は酔いやすいと思います。大学時代のサークル仲間と飲むと周りのペースが早いので、つられて飲んでしまいよく酔っています。甘いカクテルのようなあまりお酒を感じないもの以外(ビール、焼酎、ワイン等)だと少量でも酔いやすいです。

【飲める適量】ビールグラス1杯

50代後半

連日寝不足で疲れが溜まってきている時、一緒に飲む仲間が、いつものメンバーで話しやすくリラックスできるとかえって酔いやすいです。お腹が空き気味な時や、トイレに行くことを抑えるために水分を補給することを制限している時、店の証明が暗い時も酔いやすいです。

【飲める適量】ビール・1缶(350ml)

30代

仲間内で飲んだり、やるべき事が成し遂げられた後等安心した時に酔いやすいです。気を抜いていると、お酒が回りやすいように感じます。酔いやすいのは仕事も家庭も充実し、精神的肉体的に満たされている時だと思います。

【飲める適量】ビール・中ジョッキ1杯

50代

仕事仲間と飲むより、学生時代から付き合いがある気の知れた友人との方が酔いやすいです。元々、ビール中ジョッキ1杯が限界なのに、つい2杯目を頼んでしまうこともあります(結局は残してしまうのですが…)やはりバカな話で盛り上がりテンションも高くなってしまうからかなと思います。

【飲める適量】ビールグラス半分

60代

酔いやすいと言うより、基本的に飲めません。乾杯の時の一口程度が適量なのかも知れせん。それでも、体調が良い時は気持ちよく酔った感じがありますし体調が悪かったり、疲労感がある時は、お酒自体もおいしくありませんし酔いも早い気がします。

【飲める適量】果実酒の水割りまたはソーダ割り・グラス1杯

29歳

体調があまりよくない日や疲れが溜まっているなと感じている日はいつもよりさらに酔いやすく、悪酔いしやすいように感じます。また、無理に参加した飲み会等でひどくつまらないと感じたときに、反対にいつもより飲めるように感じたこともあります。

【飲める適量】さっぱりとしたカクテル・グラス1杯

32歳

酔いやすいのは、体調があまり良くないとき、仕事でストレスを普段より感じているときです。また、一緒に飲んでいる人に甘えたいな、甘えても大丈夫だと思っているときは何かの心理が働くのか酔いやすいと思います。

【飲める適量】甘いカクテル1杯

32歳

寝不足の日や、運動をたくさんしたと感じる日は、酔いが回りやすいと思います。また、お酒好きの友人と飲むときは、無意識にペースを合わせようとしてしまうからか、酔いやすいです。自分のテンションが高く、たくさん喋るときも同様に酔いやすいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加